絶頂

どちらの症状にも効果を発揮する薬

セックス

ダポキセチンとは、男性が性行為を行う時に起こってしまう早漏の症状を抑制することができる薬であり、早漏改善の薬として用いられる薬です。
早漏には様々な原因があると言われ、深層心理にあるこころの問題や成熟しきっていないため刺激に対して弱いことなどが考えられますが、もっともの根本の原因は脳が興奮を抑えることができず、異常な興奮状態に入ってしまっていることが大きいと言われています。
これは脳内にあるセロトニンと呼ばれる神経物質が不足しているために起こると言われているため、不足したセロトニンを補うためにダポキセチンを使用し、脳内を鎮める効果を得ることができます。
作用として、脳にはセロトニン受容体に働きかけることで、セロトニンの分泌される量を増やしてくれるため脳を落ち着かせることが出来るようになります。
脳全体に作用するわけではなく、あくまでもセロトニンにのみ作用するためこれを選択的セロトニン再取り込阻害薬といいSSRIに分類される効うつ剤になります。
抗うつ剤が何にでも早漏に効果を示すわけではなく、この治療薬のみであり他の抗うつ剤を服用したからといって早漏改善が出来るわけではないため注意が必要です。
この治療薬の成分が配合されていて、さらに加齢によって起こる勃起不全にも作用を示す薬であるシアリスの成分タダラフィルが配合されているタダポックスという薬もあります。
長い時間をかけて勃起をサポートすることもでき、最長で36時間作用し続けるため、納得のいく勃起にまで導いてくれ、それを維持することが可能になります。
どちらの症状もでてしまう男性もいるので1錠を服用するだけでどちらにも力を発揮してくれるため非常に便利であり、どちらか一方の症状のみでも使用することができるため性の悩みを抱えている男性にはタダポックスはお勧めできる薬となります。
満たされない性欲を満たしたい方は一度試してみてていただければ納得がいく効果を手に入れることができるはずです。