絶頂

早漏の原因を知る

早漏の原因

男性に起こってしまい心因性のものもある早漏とは、男性自身が射精をコントロールすることが困難になってしまいパートナーが快感や高揚感、満足感などを感じる前に射精行為をしてしまいパートナーが絶頂をむかえられない症状をいいます。
年齢を重ねることで身体が老化してしまうことが原因で起こるのは中高年に見られるもので、若者は心の問題が大きいと言われています。
まず若者が性行為に慣れていないことが考えられ、精神的にも未熟であるために過度に興奮をしてしまい現れてしまうことや心の抱えているトラウマや深層心理にある大きな不安などがきっかけとなってしまい、すぐに射精に至ってしまうことが特徴となります。
他にも若さ故に性的な刺激に対して敏感になってしまっていることが考えられ、十分に亀頭が露出してしない包茎の場合、皮膚が敏感になってしまっていて少しの刺激にも耐える事ができなくなってしまうことや亀頭は十分に露出していても膣挿入によって膣の刺激に耐えることができなく射精を我慢することが出来なくなってしまいます。
包茎の場合には不衛生にもつながるため専門医がいるクリニックにいき、包茎手術を受けることで皮膚過敏が改善される可能性があります。
他の場合には、「セマンズ法」と言われる男性が一人でも行うことのできる方法でトレーニングを重ねることで、ある程度刺激に強くなることができ改善が可能になり、パートナーがいる場合には一人で行うようりも興奮感もあり、実践的にできる「スクイーズ法」があり、同様に強くすることが出来るようになります。
この2つの方法では耐えれるようになることが目的となるため、心の問題が引き金となっておこっている場合にはこの方法では改善は望めなく、引き金となる原因を見つけ治療を行わなければなりません。
異常に興奮してしまう場合では、脳の興奮を鎮静することができ、射精感を減退され射精に至るまでの時間を約3倍ほどにできるダポキセチンという治療薬があります。
早漏治療を行って症状を改善しパートナーを満足させてあげて下さい。